安江佐和子(パーカッショ二スト)のBlog. 音楽の生活と好きなこと.コンサートのお知らせ


by sawako-ys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:本番の舞台上( 34 )

音楽を闘うこと

20日から水戸に入りスタンバイしていました。

小澤征爾指揮 水戸室内管弦楽団
Timpani奏者 ウィーンフィル Altmann氏が今回の公演に
ご病気のため来日できなくなり
急遽、27日ミューザ川崎公演で演奏させて頂くことになりました。

Beethoven 交響曲7番
愛するBeethovenのTimpani

小澤さんはじめ、メンバーの皆様から絶大な信頼と愛情の絆で結ばれているAltmann氏の「代奏」などというおこがましいことは全く考えられず
代わりは務まりませんが、自分の任務を謙虚に全うするべく
ただ、ただひたすらに音楽に没頭することのみでした。

皆さんが水戸で2公演の本番を終えている中で、最終公演だけに演奏するという特殊な状況の中に身を置くことは容易なことではもちろんなく
極限の孤独と恐怖と重圧との闘い。

既に完売御礼。急だったこともあり、家族すら来ることができなかった。

一瞬一瞬命懸けの演奏をするのみ。
まさに命懸けで音楽と闘う小澤征爾さんと、共に闘うオーケストラ。
本番のステージ上とは「楽しい」という簡単なことではありません。オーケストラの奏者、演奏家は皆闘っています。自信も失うことばかり、不安のどん底で精神を強くポジティブに保ちその時を迎えることもプロの仕事です。

言葉ではもうこれ以上表現できませんが

音楽家の人生としてステージで死にそうに苦しめることがあるというのは幸せなことだと思っています。

音楽の力によって体力気力を戻されているマエストロ小澤!
3楽章から4楽章へ行く時の唸り声! お客様にも聴こえたでしょう!!
出番前の舞台裏から、唸り声をあげてご自身と皆の士気を高めていらっしゃったのです!

終演、お客様のスタンディングオベーション。
共演した演奏家からの労いの言葉とハグと握手

なにも言わなくても、話さなくても、この重圧を演奏家は皆わかっていて
黙り込む私に本番前は話しかけてこなかったことに後で気づいたのでした。
終わって初めて言葉を交わし、抱きしめてくれる。
最高の音楽家の集まりです。

「今日はゆっくり眠ってね」その言葉から
連日殆ど眠れていないこともわかっているのだと。
それだけ皆そういう思いで本番を迎える経験をしているということを。

心から感謝しています

終演後、お客様からの嬉しいメッセージにも励まされました。

ひとつ終わってまた ゼロから修行が始まります。
もっと良い演奏できるように磨きたい


アルトマンさんのご回復を心からお祈りいたします


水戸 偕楽園
d0260803_19104513.jpg

小澤さんの公演にはゆるキャラも来ちゃう ↓水戸納豆の"みとちゃん"  
d0260803_19104462.jpg















by sawako-ys | 2014-05-29 19:08 | 本番の舞台上

熱狂!動物の謝肉祭

5月3日GWで盛り上がる
ラ・フォル・ジュルネ
毎年 有楽町 国際フォーラムで開催される音楽祭です

今年の目玉公演‼︎
マルタ・アルゲリッチ
ギドン・グレーメル
堀米ゆず子さん などなど
世界的巨匠と
サン=サーンス「動物の謝肉祭」
に出演させて頂きました。

リハーサル風景
d0260803_1452310.jpg

リハーサル室とステージと場所を移動しながら、当日の本番直前まで合わせ。

本番は22:10〜23:10という夜遅い最終公演。
チケットは即日完売し、5000人のお客様でいっぱいに。
演奏が始まると水を打ったような静けさとはこのこと…お客様の集中力を舞台上で感じていました。

個性のぶつかるアンサンブルをまとめてくださったクレーメル氏。
人間的に音楽家として、大きく優しく素晴らしい方。

スリルあり、微笑みあり、音楽のぶつかり合い、しがみついて演奏する真剣勝負の姿。
あぁ、演奏ってこれでいいのだと
深く思うことあり。
今この瞬間を必死に生きているんだ!という命懸けの演奏。

作品がどうとか、音がどうだの、もちろんそれもありますが、
「どう生きているか」だということを巨匠達の背中から感じていました。

終演は23:30を過ぎましたがスタンディングで熱い拍手をありがとうございました049.gif

終わってから記念撮影
d0260803_1452346.jpg
d0260803_1452448.jpg
もっと色々書きたいのですが、明日からのアルゲリッチ音楽祭(別府)への準備で大忙し。
アルゲリッチ週間です!「兵士の物語」楽しみ
行ってきま~す









by sawako-ys | 2014-05-06 14:58 | 本番の舞台上
日生劇場にて
A.ライマン: オペラ「リア」
終了しました。

昨年の「メデア」に引き続き、ライマン氏の作品に関われたことの幸せ。
今生きている作曲家と仕事ができることは何より素晴らしいことであり、昨年で信頼関係を築けたライマン氏との制作はエネルギーに満ち、皆が一つになるプロダクション。

大変な作品で、言葉では言い表せない昨日までの舞台。
初日には天皇皇后両陛下もご臨席され、3日間の公演は興奮、絶賛の中で上演を成功させました。

素晴らしい作品、共演者、スタッフ皆様とご一緒できたことに感謝しています。

打楽器チームは耳栓をしての仕事
楽譜も細かくシヴィアです
d0260803_1726577.jpg
d0260803_17432523.jpg
こういう大きな仕事の後はいつも、大きな悩み、考え、あることを感じて頭の整理に時間がかかります。
東京駅を一人歩くのもなんだかキュンとして
d0260803_17272194.jpg
それもいつものこと...そして次へ向かいます

コンサートスケジュール更新してます♪ 安江佐和子Official Website はこちらから ↓ ↓ ↓
http://sawako-percussion.com/
by sawako-ys | 2013-11-11 17:48 | 本番の舞台上

Muti Verdi

10/30 、31 はMuti conducts Verdi
厳しく、気品、繊細を極めた

「molto elegante!leggiero leggiero leggiero!!」

PPPPPを求められる世界。
ステージの空気はピンと張り澄んでいた

幸せな時間を過ごしました

Timpani & Percussionセクションと
d0260803_20423384.jpg


そしてしばらく並行してリハーサルを行っていた
A.ライマン オペラ「リア」の舞台稽古が翌日から始まり、
別世界ではありますが、6人のパーカッションと、これまた緊迫の密度の濃いアンサンブルをしています

集中が続いていますが、体調管理気をつけて
日生劇場へ通う10日間を楽しみます。

世間は3連休?? ですか・・
良い季節になりましたね

皆様、よい秋の連休をお過ごしください
お天気が良いといいですね

d0260803_20474197.jpg




コンサートスケジュール更新してます♪
安江佐和子Official Website はこちらから
   ↓ ↓ ↓
http://sawako-percussion.com/
by sawako-ys | 2013-11-02 20:48 | 本番の舞台上

オペラ初日

昨夜、天皇皇后両陛下をお迎えして、無事オペラ初日を終えました。
ラヴェル:オペラ「子供と魔法」 「スペインの時」

小澤征爾さんの本格復帰を懸けた大事な初日でもあり、
胸に重く響くものあり、涙あり・・・

重みのある感動の初日幕開けとなりました。


以下↓ 動画でご覧頂けます
日テレニュース「小澤さん復帰公演、両陛下もご鑑賞」














コンサートスケジュール更新してます♪
安江佐和子Official Website はこちらから
   ↓ ↓ ↓
http://sawako-percussion.com/
by sawako-ys | 2013-08-24 16:41 | 本番の舞台上

葛藤

昨日までマーラーSym.6 カンブルラン指揮。
このような大曲を3回本番できることは幸せで貴重なことでした。

今回私が担当したパートは
シロフォン、グロッケンを主に、カウベル、合わせシンバル、トライアングル、スネアドラム。
前述しましたように、マーラーの交響曲でシロフォンを使用しているのはこの6番だけ。

準備をしている段階から、スコアを読んでもCD聴いても、練習していても
謎・・であり、どこかすっきりしない疑問あり。
自分のこれまでの仕事の経験の中で、シロフォンを弾くことは非常に多く、
又、最も表現できる楽器。

しかし、どうアプローチするべきなのか。
ショスタコーヴィチやバルトークのお得意なシロフォン的に弾いてしまっては違う。
楽譜上、テクニック的には何ら問題ない、難しくもない音形。
しかし扱いがやっかいで、なかなかしっくりいかない。

リハーサルの始めのころは録音をとりながら、毎日聴き返してチェックを怠らなかった。
しかし何かが違う。

3日目の練習
シロフォンの高さを1センチほど上げてみる。
通常より僅かに高めに設定。
そこから自分の流れが変わり始めた。
ということは、靴のヒールも5ミリ違うと変わってしまうので、このまま本番へ向かおうと。

マレットのコントロール、アプローチも0.03ほど早く、短くしてみる。


そんな当たり前のこと、今までいつだって普通にやってきたことが
今回は時間がかかった。
それはマーラーのシロフォンが、楽器としての「シロフォン」ではない表現であったことにもよると感じる。

そして敢えて録音を録らず、気にしすぎず、だが神経は使いながら
自分の感覚、感性を信じることにする。
毎回録音を聴くことが助けにもなるが、感覚を鈍らせることもある。
情報に頼り、客観性を鈍らせる。

録音をとって、情報があることに満足することは危険。
上手く使わないといけない。


濃厚で明快な緊張感途切れぬ4日間の練習を終え、本番。
毎回自分自身に、その0.03ミリに反省し、悩む。
終演後、仲間と飲む気分もなく一人で帰る超絶な暗さ014.gif

自分の音を、感覚を、感性を信じて
3日目は深く言い聞かせた。

打楽器奏者の仕事はミリ単位の仕事。
常に葛藤。

昨夜はそれがよかったかどうかはわからないが、
震える手で握手を求めてきて下さったお客様。

ほんの少し、マーラーのシロフォンの音に近づけたかなぁ。


最終日の昨夜は美味しい打ち上げでしたよ












コンサートスケジュール更新してます♪
安江佐和子Official Website はこちらから
   ↓ ↓ ↓
http://sawako-percussion.com/
by sawako-ys | 2013-03-20 21:27 | 本番の舞台上

また命懸け

10日はExcitingなコンサートになりました!

3日間のリハーサルで、マエストロと音色の話しを何度も真剣に交わし、
出来る限りの音を求め、考え、生み出したつもりです。
特に2楽章の冷たさ、虚無、失望の音 
柔らかく、温かみのあるヤギ皮では難しいものがありましたが。

マエストロの熱い練習の中で語られるお話しの一つ一つ、言葉の一つ一つが
全て胸に染み入るものでした。
音大で、こういう和声の授業受けたかったな~。音楽理論とか、音楽史とか。
まぁ、逆に今だからこのお話しを面白く聴けるのだろうとも思います。

しかし、大変濃厚なコンサートで、
またしても 一音一音に命を削ってしまいましたよ。

ヘトヘトになりましたが、それぐらいじゃないとね、
フレッシュなBeethovenの音、Haydnの音はエネルギーをもって飛ばせないですよ。

お客様からカラーのお花束を頂きました!
本当に素敵。
頑張ったご褒美よね!
d0260803_1540098.jpg

嬉しくって、沢山写真撮って、ずーっと見つめていたかった、一緒に寝たいぐらい(笑)でした。

古典をやりながら、平行して新作初演の譜読みと練習、
そしてこの翌日も早朝からオペラシティで次のリハーサルでした。
さすがに疲労していてメンテナンスへやっと・・・

最近なかなか行けないですが、やはり定期的なメンテナンスは重要ですね。
心と身体をニュートラルにしておかなくては。












コンサートスケジュール更新してます♪
安江佐和子Official Website はこちらから
   ↓ ↓ ↓
http://sawako-percussion.com/
by sawako-ys | 2013-02-13 15:44 | 本番の舞台上

Prana vol.3を終えて

昨年末のことになりますが
コンサートシリーズ Prana~息vol.3
初めての昼・夜2公演を開催いたしました。

このブログでもお知らせしておりましたが
小さいスペースではあったものの、両公演共に完売し
沢山のお客様にお越し頂きました。

 ありがとうございました


今回のメインである「ダンス」
ダンサーの北村典子さんをゲストにお迎えし、
後半の3曲
リズムソング、月の光、The Body of your Dreams
1曲はCDで北村さんソロ Fracanapa を踊って頂きました。

5年前に共通の友達を介して出会った典子さん。
これまで数々の公演で拝見させて頂きましたが、
100人の群舞の中でもキラリと光る人。
それが北村典子さんなのです。

エレガントな中に脱力、重さ(重力)、気品、それでいてキュートで!
これは演奏にも共通する大事な要素であり、
初めて彼女を観た時に、私が常日頃「音を出す」時に最も大切にしていることを
彼女の踊りの中に、まるで身体の中の脈をみるように
その経路を目に見たのでした。

不思議な体験でした。

今回、ダンスとのコラボレーションだからといって
特別なリハーサルは何もなく、いつも通りに、極めてシンプルな合わせの時間を過ごしました。

彼女のダンスに対する向かい方、距離
それが、自分にとても似ている部分が多くて


 そして、闘っている姿も    共感できるものでした

     やはり、 ここまで闘うか

なかなか一緒に命を削れる共演者とは出会えないものなので、
今回は恐かったですね。

直前に色々な困難があり、それを乗り越えての当日でもありました007.gif

d0260803_21144327.jpg


 夜の公演は特に熱く 込み上げるものあり 「Fracanapa」
d0260803_2115373.jpg

この曲の振り付でもあり、尊敬する憧れのレイ子先生ともお話できたこと。
出会い、ご縁って不思議なものです。

さてさて
年が明けてから、ようやくPrana打ち上げ~~♪

美女子会010.gif
d0260803_21195698.jpg

左からダンサーはるかちゃん(照明),ダンサー北村典子さん、ピアノ千景ちゃん

d0260803_21251718.jpg

私と典子さんを出会わせてくれたKey person☆Satomiちゃん

話は終始Deepな内容で・・・
信念を貫き、一つの道を歩むということにおいて
その人にはどこの世界にも共通して苦労と困難の壁が立ちはだかるものなのですね

 みんな闘ってる  

Pranaは打ち上げもお洒落です♪
中目黒のオサレ スパニッシュイタリアンのお店で
d0260803_21273439.jpg


 
 さぁて、次はどんなことやる?






安江佐和子Official Website はこちらから
   ↓ ↓ ↓
http://sawako-percussion.com/
by sawako-ys | 2013-01-09 21:26 | 本番の舞台上
昨日、アリベルト・ライマン:オペラ「MEDEA」の3公演が無事終了しました。

3回だけではもったいない、充実した内容の舞台。
演出、舞台、歌手、ダンサー、オ-ケストラ、マエストロ、作品、作曲家
全てがレベルの高い、完成度の高い、そして一つとなった舞台。
このような機会に立ち会うことができて幸せでした。

終演後のパーティーでは歌手達の言葉からそれぞれの闘いが見られ、
泣きだす歌手に私ももらい泣き007.gif

闘ってるな~ みんな。

そう、闘いなのです。

しばらく休みもありませんでしたが、また今日から私も次の山へ登ります。
12/22「Prana」へたどり着くまで
まだ10公演近く登らなくてはならない山々が・・・

風邪ひかないように 

毎朝のフレッシュジュースも充実してきました。
基本ニンジンジュースですが、今はスペシャル!!
ニンジン+リンゴ+レモン+ブルーベリー+生姜たっぷ~り+はちみつ+カボス汁
身体に良くって美味しいです。カラダもポカポカ。

  ↓ 「MEDEA」の舞台(打楽器は舞台上で演奏しました)
d0260803_19281127.jpg











安江佐和子Official Website はこちらから
   ↓ ↓ ↓
http://sawako-percussion.com/
by sawako-ys | 2012-11-12 19:40 | 本番の舞台上

ジャーーーーン☆


d0260803_12494180.jpg


  マイスタージンガー ゲネプロ中










安江佐和子Official Website はこちらから
   ↓ ↓ ↓
http://sawako-percussion.com/
by sawako-ys | 2012-10-10 12:50 | 本番の舞台上