NEW POST

音楽を闘うこと

20日から水戸に入りスタンバイしていました。

小澤征爾指揮 水戸室内管弦楽団
Timpani奏者 ウィーンフィル Altmann氏が今回の公演に
ご病気のため来日できなくなり
急遽、27日ミューザ川崎公演で演奏させて頂くことになりました。

Beethoven 交響曲7番
愛するBeethovenのTimpani

小澤さんはじめ、メンバーの皆様から絶大な信頼と愛情の絆で結ばれているAltmann氏の「代奏」などというおこがましいことは全く考えられず
代わりは務まりませんが、自分の任務を謙虚に全うするべく
ただ、ただひたすらに音楽に没頭することのみでした。

皆さんが水戸で2公演の本番を終えている中で、最終公演だけに演奏するという特殊な状況の中に身を置くことは容易なことではもちろんなく
極限の孤独と恐怖と重圧との闘い。

既に完売御礼。急だったこともあり、家族すら来ることができなかった。

一瞬一瞬命懸けの演奏をするのみ。
まさに命懸けで音楽と闘う小澤征爾さんと、共に闘うオーケストラ。
本番のステージ上とは「楽しい」という簡単なことではありません。オーケストラの奏者、演奏家は皆闘っています。自信も失うことばかり、不安のどん底で精神を強くポジティブに保ちその時を迎えることもプロの仕事です。

言葉ではもうこれ以上表現できませんが

音楽家の人生としてステージで死にそうに苦しめることがあるというのは幸せなことだと思っています。

音楽の力によって体力気力を戻されているマエストロ小澤!
3楽章から4楽章へ行く時の唸り声! お客様にも聴こえたでしょう!!
出番前の舞台裏から、唸り声をあげてご自身と皆の士気を高めていらっしゃったのです!

終演、お客様のスタンディングオベーション。
共演した演奏家からの労いの言葉とハグと握手

なにも言わなくても、話さなくても、この重圧を演奏家は皆わかっていて
黙り込む私に本番前は話しかけてこなかったことに後で気づいたのでした。
終わって初めて言葉を交わし、抱きしめてくれる。
最高の音楽家の集まりです。

「今日はゆっくり眠ってね」その言葉から
連日殆ど眠れていないこともわかっているのだと。
それだけ皆そういう思いで本番を迎える経験をしているということを。

心から感謝しています

終演後、お客様からの嬉しいメッセージにも励まされました。

ひとつ終わってまた ゼロから修行が始まります。
もっと良い演奏できるように磨きたい


アルトマンさんのご回復を心からお祈りいたします


水戸 偕楽園
d0260803_19104513.jpg

小澤さんの公演にはゆるキャラも来ちゃう ↓水戸納豆の"みとちゃん"  
d0260803_19104462.jpg















by sawako-ys | 2014-05-29 19:08 | 本番の舞台上

安江佐和子(パーカッショ二スト)のBlog. 音楽の生活と好きなこと.コンサートのお知らせ


by sawako-ys
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31