安江佐和子(パーカッショ二スト)のBlog. 音楽の生活と好きなこと.コンサートのお知らせ


by sawako-ys
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

その音を出すために

昨日はサントリーホールにて「指揮者の祭典」盛大に行われました!

最後の最後までコンディション維持の難しいハードなステージとなりました。
打楽器関係者から言われましたが
世界中探しても、前半にシンバルやって後半にTimpaniやるオケもプレイヤーもいないと・・

 シンバルの音、響いたかな

このブログでもfacebookでも前述した小林先生のシンバルについて
準備の段階では色々なことを考えますが
リハーサルが始まった瞬間から本番のステージでは
私は一切、音楽に私情を絡ませることはしません。
個人的な感情を挟む隙間は一瞬もありませんし、音楽に対してそうするべきではないですしね。

ただ、その音に集中するだけ

自分のできる最高のplayを狙うのみ

でも、たくさんのお客様を泣かせてしまったみたいです!! ゴメンナサイ
「あのシンバル2発に 泣きました・・・」というメールを
事前にこの話しを知っていた人も、知らなかった人からも多数頂き
それは有難いことですね。

ここしばらくは、その音を出すために生きていましたから。

手を痛めないようにも注意してきましたし、テーピングしたり
今日はさすがに筋肉痛でしたが
女性が持ち上げるだけでも重い重いシンバル・・・それぐらいは仕方ありません。

私のような小柄女子でも大きなシンバルを響かせられる技。
それはただ力ではなく、遠心力、重力、良い脱力、身体の使い方、タイミング
そして、どれだけ音のイメージをもてるかどうか・・・
自分なりのテクニックはある程度もっていましたが、今回またひとつ手応えを感じました。

もちろんある程度の腕力や背筋は必要。それは日頃から筋肉を育ててきた甲斐あり(笑)

    テニスと同じです

 さぁ、錦織選手の優勝を祝して テニス行こっ



















安江佐和子Official Website はこちらから
   ↓ ↓ ↓
http://sawako-percussion.com/
by sawako-ys | 2012-10-09 19:43 | 本番の舞台上